post

マイナス査定の要因になり得るものとして、1年間の走行距離

マイナス査定の要因になり得るものとして、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、車色が好まれない、外観のキズ、汚れがある、破損しているパーツがある、車内のニオイなどがあります。

特に、故障等での修理がなされているかどうかは査定価格低下につながります。 Read More